JR近江八幡駅から徒歩3分。肩こり・腰痛・産後の骨盤矯正までお任せ下さい!

男性不妊を食べ物で改善!!精子を元気にする見逃せない5つの成分

今の日本では、20代~40代の10人に1人が
精子自体に元気がない精子の数が少ない精子を作れないなど
精子に何らかの問題を抱えているといわれています。


その原因としては、精子の数が少なかったり動きが悪かったり
形が変形しているモノの割合が多いなどする『乏精子症』


精液の中に精子が無い状態の『無精子症』

前進する精子のが50%以下、
速く動く精子のが20%以下の『精子無力症』


など、いろいろな原因があります。
(男性不妊の詳しい原因についてはコチラをご覧ください)



そもそも男性不妊といっても原因が分かるモノもあれあれば、
原因の分からないモノもたくさんあります。



原因が分かるものでは、
精子自体に問題があるモノと
精巣や精管などの体に問題があるモノに分かれますが、



精子自体に問題がある場合には
食べ物による改善も見込めることがあって、


また、原因不明とされるものに関しても
食べ物による改善が見込めることがあるのです。


実際に男性不妊のの場合で大きな問題となる精子の状態というのは
食事によって大きく変わります。


特に精巣や精子の働きや機能に必要な栄養素である、
亜鉛、鉄、ビタミンE、セレン、アルギニンなどを積極的に摂ることで
精子の状態は変化するといわれています。



また、精力が増強したり精子が元気になることで、
男性不妊の解消という意味でも効果的です。



では、亜鉛、鉄、ビタミンE、セレン、アルギニンなどは
どんな食品に多く含まれているのか見て行きましょう!



【亜鉛】

亜鉛は『性のミネラル』とも呼ばれる栄養で、
精巣に働きかけ生殖機能を向上させたり、
精子の働きを活発にしてくれます。



亜鉛の多く含まれている食材としては、
牡蠣、帆立、納豆、うなぎ、牛もも肉、豚レバーなどで、
しじみ等の貝類やチーズ、ごま、ナッツなどにも多く含まれています。


  kaki5.jpg


また、クエン酸やビタミンCを含むミカンやレモンとの相性がよく
これらのモノを一緒に食べることで亜鉛の吸収率がよくなります。



ただ、クエン酸やビタミンCを含むミカンやレモンが吸収率を上げる一方で、
玄米や小麦ふすま、海藻などの食物繊維は亜鉛の吸収を悪くしてしまいます。


その他にも、麺やパン、パスタなどに含まれるフィチン酸
インスタント食品などに含まれるポリリン酸も亜鉛の吸収を悪くしますし、


コーヒー、紅茶、煎茶の中に含まれるタンニンも
亜鉛の吸収を悪くしますので食事の時には飲まない方が良いかも知れません。



【鉄】

精巣内での精子を作る働きを助けるので、
鉄分の吸収がスムーズに行くと精子の数の増加につながります。


鉄分は貧血などの時にもたくさん摂りなさいと言われることが多いので
良くご存じかもしれませんが、



なんといってもレバーに多く含まれていて、IMG_1513.jpg
他にはアサリやヒジキ、ハマグリ、シジミ、卵黄、鮎なども
鉄分が多く鉄の吸収に役立つ食べ物です。



【ビタミンE】

男性ホルモンのを作り出したり、
分泌されて働くのを助ける役割があります。



ビタミンEは、イクラやタラコなどの魚卵や、    ダウンロード.jpg
魚のキモに多く含まれていて、



ホウレン草やブロッコリーなどの緑黄色野菜にも
たくさん含まれているので意識して摂りたいところです。



【セレン】

精子に関する栄養の中ではかなり重要な『セレン』
精子の数を増加させるだけでなく精子の運動率も上昇させます。


健康で元気な精子をたくさん作るためには
セレンを多く含む食べ物を摂るように心掛けると良いでしょう。


セレンは、ワカサギ、イワシ、カツオ、サンマ・アジ・ホタテなどの   939.jpg
魚介類に多く含まれています。



ただしセレンは、摂り過ぎには注意が必要な栄養でもあります。
必要量と許容上限量の差が小さく過剰摂取になりやすいのです。



セレンの摂取が多すぎると
爪の変形や脱毛下痢・肌荒れ・神経障害・胃腸障害などの
症状が出る場合がありますので注意が必要ですが、
食品として常識の範囲内で食べる分には問題はありません。


【アルギニン】

アルギニンは、
精巣内で精子を作ったりする働きを活発にします。


また、アルギニンはEDにも効果があるので、
EDでお悩みの方も積極的に摂りたい栄養です。



アルギニンはゴマ、玄米、鶏肉、大豆、レーズンなどの  goma.jpg
食べ物に多く含まれています。



精子を元気にする見逃せない5つの成分いかがでしたか?



中には、玄米などのように、
アルギニンの働きは活発にするが亜鉛の吸収を悪くしてしまうものなどもありますが、



ご自身の状態に合わせて普段の食事の中で
バランスを考えながら積極的に取り入れてみられてはいかがでしょうか!!


今回は、男性の不妊に関する食事のお話しでしたが、
女性の方にとっても何を食べるかはとても重要な事です。



食生活ですこしでも妊娠の可能性を上げましょう。


ただ、もしももっと積極的に精子の状態を良くしたいというのであれば、
体のバランスを整えたり生殖機能の向上につながる
整体や鍼灸を受けられてはいかがでしょうか?



ひろた整体院では、
整体や鍼灸で精子の状態が良くなることで
妊娠された方がたくさんいらっしゃいます。


もしも、あなたが男性不妊で精子の状態に不安をお持ちなら
お気軽にご相談ください。

ひろた整体院 ご案内

〒523-0891 滋賀県近江八幡市鷹飼町1542

JR近江八幡駅

地域No.1産後骨盤矯正専門院
大きな地図で見る
お問い合わせご予約

0748-36-7245

受付時間

8:00 ~ 12:00 / 16:00 ~ 19:30
【定休日】木曜・土曜午後 日祝祭日

0748-36-7245