JR近江八幡駅から徒歩3分。肩こり・腰痛・産後の骨盤矯正までお任せ下さい!

捻挫で足首がボンボンに腫れて パニックになっているあなたへ

どうも、
「体と骨盤の専門」ひろた整体院
柔道整復師の山本です。
今回のテーマは『捻挫で足首がボンボンに腫れて
パニックになっているあなたへ』です。


町内の運動会や部活中、駐車場の段差、家の中などで、
足首を捻り、痛いしボンボンに腫れて色も青くなってるし
と不安になっているあなたが、この記事を最後まで
読んでくれた時、その不安は解消しているでしょう。


年明けに来院された50代男性Yさんのお話です。
年末に職場の駐車場の段差で足首を捻挫して
痛いながらもお仕事を頑張られたそうです。


帰ってきて足をみたら、
『ボンボンに腫れて青くなっていた』と
ビックリされていました。

しかし、本人よりも
Yさんの奥さんがの方が少しパニックになっていた
そうです。

そりゃそうですよね、
年末に、足首を捻ってるんですからね
奥さんの気持ちもよくわかります。


そして、足首が腫れて青くなっていることから
まず、誰しもが思うこと。

『骨、大丈夫かな?』
そう、骨折です。

そして、Yさんも、整形外科に行き
レントゲンを撮り骨折の有無をチェックします。

診断結果は『内くるぶしの裂離骨折』との診断でした。

本当に気の毒だったのは、
ここからです。Yさんお正月は、
足首をギプス固定した状態で、初詣にも行けず
家では、松葉つえで生活をされていたんです。


『正月を返せ』って僕やったら思います。

2週間ギプスで固定していたYさん
さあ、ギプスも外れやれやれと思っていた
Yさん、足の腫れは退いたものの、
痛みがかなり強く残っているため来院されました。


僕は、それは当然だと思っています。

原因は2週間のギプス固定です。

2週間ギプスで固定されていたYさんの足は
まるで、『ボルトできつく閉めたような』関節が
動きにくい足でした。

それに、裂離程度の骨折ならテーピングでも十分だと
僕は、思います。

そんなYさん、当院で、捻挫の専門治療を受け


専門治療と言っても、強く押したりバキバキすることは
しないですよ。

足首を痛く無い範囲で『少しだけ動かす』ような感じです。

3回目くらいには、痛み無く
スタスタと普通に歩いてはりました。

そんな、Yさんから頂いた
嬉しいお言葉が、
『もっと早く来といたら良かった』です。


ギプス固定で治療期間が長くなることもあるので、
パニックになる気持ちもよくわかりますが、
多少腫れていても、まずはご来院されることを
おススメします。

ひろた整体院 ご案内

〒523-0891 滋賀県近江八幡市鷹飼町1542

JR近江八幡駅

地域No.1産後骨盤矯正専門院
大きな地図で見る
お問い合わせご予約

0748-36-7245

受付時間

8:00 ~ 12:00 / 16:00 ~ 19:30
【定休日】木曜・土曜午後 日祝祭日

0748-36-7245